高所外壁調査

外壁調査は、建物所有者の管理項目です。
平成20年4月1日から建築基準法第12条(特殊建築物の調査義務)に基づく定期報告制度が変わりました。
これまでの制度では、外装タイル等の定期的外壁診断義務がありましたが、
定期的外壁診断を怠った場合の罰則はありませんでした。

新しい制度では、定期的外壁診断に加えて、竣工または外壁改修等から10年を経た建物の最初の調査は外壁全面打診調査となり、定期報告を怠ったり、虚偽の報告を行った場合は、百万円以下 の罰金となります。

弊社の打診外壁調査は、 無足場工法 により金額を抑える事を可能にしました。
足場を立て打診外壁調査を行うと「足場のレンタル費用」「組み立てる鳶の人件費」またその期間にかかる「時間」組み立てるだけで多額のお金がかかり、これに調査費がかかってきます。

弊社の無足場工法を利用すれば 足場を組み立てる事はなく、
ロープアクセス技術による打診外壁調査を行うことができます。
これは足場の費用は全くかからず、組み立てる時間もかかりません!
また養生シートがない分、外観の維持もできます。

足場を立てると室内が暗くなり、生活環境が大きく変わってしまいます。
この無足場工法による、外壁調査は安い!時間もかからない!外観を維持できます!
そんな画期的な作業方法です。
一度ご検討してみてください。

作業の流れ

1. 現場確認
現場や図面により建物の状況を確認します。
安全性を確認し効率的な作業工程を提案します。



2. 見積書の提出
お客様のニーズに合わせた調査方法や工程スケジュールの打ち合わせを行います。
お見積もりは無料でございます。
全面調査や不安箇所の一部調査など、さまざまな建物の状況に応じて提案します。



3. 調査の実施
目視調査、打診調査、など打診棒を使用調査していきます。
必要に応じ番号を書いたテープを張り、わかりやすく一枚一枚写真に残します。



4. 調査結果のご報告
調査結果報告書をもとに、診断結果内容をご説明します。

CONTACT

D&Cサービス株式会社〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2ー16−2 8F


TEL03-6276-4994FAX03-6276-4993

contact@dc-service.co.jp